サラ金から現在のカードローンへの変遷

「サラ金」と聞いて良い印象を抱く人はあまりいないでしょう。サラ金や街金といった言葉はあくまで俗称であって、正式な名称ではありませんし法律用語でもありません。消費者金融のことをサラ金と呼ぶのはサラリーマン金融の略から来ており、高金利なので一度借りると返済苦に陥る人が続出したため、かつては本当にお金に困った人が逃げ込む“最後の砦”という認識でした。


現在のサラ金と昔のサラ金は似て非なるもの

時代は変わり、サラ金はサラリーマンだけではなくアルバイトや主婦でも気軽に利用できるサービスへと変化を遂げました。そしてサラ金という俗称も徐々に過去のものとなり、消費者金融やカードローンという呼ばれ方になったことで、かつて人々が抱いていた悪い印象もほぼ消えたのではないでしょうか。
(関連記事>>>サラ金と街金と消費者金融の違い


安全なカードローンと危険な闇金

現在でもまだ高金利で高額融資をしている貸金業者はありますが、それは闇金と呼ばれる様になりました。その両者は全くの別物として区別される様になったのです。“一度借りたら大変なことになるサラリーマン金融”から“気軽に使えて返済も楽ちんなカードローン”へと、名称の変化と共にその役割も変わりました。かつての呼称の響きと印象だけがまだ現在でも残ってはいますが、カードローンというのは非常に安心で頼れる貸金ツールなのです。